情報カード(2017年)

ツガワでは、2007年から名刺サイズの三つ折りの用紙に、弊社のトピックスや技術情報等を記載して毎月発行し、営業情報カードとしてお客様等に紹介させて頂いています。
その内容をホームページでも紹介していきます。

10月

材料市況:薄板需給タイトに。下期鋼材価格への影響懸念

国内高炉は、自動車が好調で且つ東京オリンピック向のインフラ整備
薄板ラインのフル稼働や海外輸出の受注調整・店売り引受けカット等を実施。下期は、更に需給タイトになる見込。

<下期に向けての市場の動き>
 ・店売り薄板の引き受け、10~12月契約50%カットを発表(新日鉄住金)
 ・紐付き材に対しては、在庫圧縮による納期対応実施
 ・中国需要も堅調、鋼材原料(鉄鉱石/原料炭)も値上基調
 ・高炉として下期鋼材価格の値上げ要求(10円~15円/kg)

<ツガワの鋼材調達>
 ・高炉/商社/コイルセンターとの強いアライアンス関係を構築!
 ・管理購買を推進し、鋼材価格抑制/競争力有る調達活動を展開中!

二戸まつり:流し踊りに参加

二戸市には、450年も昔から受継がれてきた秋祭り三社大祭があります。
初日の夜には「なにゃとやら流し踊り」、中日の夜には「二戸大作太鼓」の勇壮な太鼓がこだまし、
「二戸ふるさと音頭」が流れる中、市民企業・町内会等 20余団体約1000名が参加する流し踊りが行われます。
その流し踊りに今年も2年連続で二戸工場から参加して、75名の大行列で踊り歩きました。

F-EDMS促進:「生産拠点」(生産管理)

ツガワは、全国の優れたビジネスパートナーの遊休資産や技術を有効活用し、
「ツガワ品質」が推進可能な「F-EDMS工場」を全国各地に展開しております。
お客様のビジネス環境などで生じる“多種多様なご要望”にお応えします。
“Made in TSUGAWA”えお全国各地でご提供。ツガワのF-EDMSにご期待下さい。

9月

“モノづくりネットワーク懇話会”とは?

F-EDMS推進活動の一つです。図を参照下さい。

みちのく芸能祭り

岩手県北上市で行われるこの祭りには、100団体に及ぶ民俗芸能の競演、歴史あるトロッコ流しや、夜空を彩る花火等が見られます。
北上市民俗芸能伝承数149団体は、県内で第1位です。
この祭りは毎年8月の第1週の週末に開催しておりますので、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

M(管理力):F-EDMS促進『教育』

ツガワでは「生産管理30項目」により、管理の強化を図っています。
F-EDMSの促進において、提携工場にも同等の管理を実施致します。
全ての作業者は、「教育指導履歴カード(常時携帯)」にて、自身のスキルを確認。スキル向上とモノづくりへのモチベーションアップに繋がる指導・教育を推進致します。

8月

ステンレス部品(ヘアライン材)改善事例

外観部品として使用される材料ですが、加工キズの発生が否めず、その修正は主に手作業で対応しております。
これを設備で対応できないか?ゆくゆくは、ミガキ材を自社でヘアライン加工できないか?改善を加えながら試行しております。
※汎用設備に治具を作成して、生産性向上と品質の安定化を図ります。

駒田社長、大学で講義

去る7月5日、駒田社長が横浜国立大学 経営学部大学院のご依頼により講義を致しました。
テーマは“事業に付加価値をつける”で、受講者はアジアを中心とした優秀な海外留学生が中心でした。
日本のモノづくりを縁の下で支える当社が今、何を考え将来のビジョンをどう描くかを“F-EDMSビジネスモデル”と併せて抗議しました。
興味を持たれた中国からの留学生を、今秋インターンシップにて受入予定です。

F-EDMS⑧ Forward(進歩)

新たな価値を提供するために、単なるモノ売りの事業モデルからモノ+サービスを売るモデルへの転換を実現します。
(4+1ソリューションの進化)

7月

北上工場でのIoTとは?

精密板金業界にも「Iot技術を活用したモノづくり」の時代を迎えようとしております。
いずれは、すべて設備がインターネットに繋がり情報を共有して『生産を止めない』モノづくりの実現を目指します。
北上工場ではタレットパンチプレスから取掛り、管理ソフトとID金型を導入して
「金型情報、設備稼働状況、アラーム情報」の管理(運営)からスタートしました。

ツガワフェイスブック毎月更新!!

ツガワは、ツガワグループ並びに地元地域をより身近に感じて頂けますよう、facebookを活用して
毎月情報発信しております。ツガワの目指す“F-EDMSビジネスモデル”や“各工場の今”などの動画による
ご案内を是非ご覧下さい。

F-EDMS ⑦Flexible

ツガワでは、今後幅広い業種・業界のお客様の更なる御要望にお応えすべく“生産力増強”に取り組んでおります。
社内工場はもとより、F-EDMS提携工場との連携によるフレキシブルな生産対応にどうぞご期待下さい。

6月

ツガワの電着(再確認)

ツガワは、「防錆」目的に“黒色”が主流の中で、あえて“白色”を採用。
今更なぜ話題に?それは厳しいコスト対応の中で、“電着+粉体or水性(2コート)”であれば、
“粉体or水性のみ(1コート)”に比べて防錆性は5倍以上に高まり申し分ありませんが、用途次第で は、“電着のみ”でも対応可能です。非常に高い防錆性を発揮し、均一塗膜、高いつきまわり性で品質が安定します。更に、環境にも優しい塗装です。勿論、低コスト化も図れます!!

更なる飛躍を期してロケットスタート!!

いよいよツガワグループ新年度(H29年度)がスタートします。
人事・組織を刷新!『F-EDMSビジネスモデル』を確立すべく、異例の4月からのロケットスタートを
切っております。“付加価値の徹底追求+新事業の限りなき追求”という二つの顔を持つこの新しいビジネスモデルに
ご期待下さい。「ツガワグループは、F-EDMSにより革新的なモノづくりに挑戦して参ります。」
(H29年度グループテーマより)

F-EDMS ⑥Fast(迅速)

益々多様化する市場やお客様のあらゆるニーズに対応すべく、ツガワグループの誇る一気通貫体制が威力を
発揮します。『F(迅速)-EDMSビジネスモデル』(下図)は、お客様から企画・仕様を頂いてから市場投入までの
リードタイムを劇的に短縮します。



5月

技術立社の理念に立ち返る

ツガワ板金のマザー工場である北上工場には、ずらりと技能士の合格証書が提示されております。
岩手県の「若手技術者育成に積極的な企業20選」選定企業であるツガワの板金技能士は、特級4名、1級17名(内女性1名)、2級16名(内女性3名)。
この春新たに2級板金技能士が2名誕生しました。ツガワは、技術立社の理念に立ち返りさらなる高みを目指して参ります。

超高精度加工に挑戦!!

超高精度部品加工に挑戦すべく新規設備を導入しました。加工精度が安定すると共にタップ加工など工程集約を可能に。
また、IoTを活用して稼働情報や金型情報(累積パンチ数/研磨状況)の確認、管理工数削減、段取り時間短縮、生産性向上等が期待出来ます。



F-EDMS ⑤Free(自由な発想)

ツガワは、お客様のあらゆるご要望に迅速かつ柔軟にお応えするため、"最適なモノづくり"を常に心掛けております。
これまでの方法や考え方に囚われることのない"自由な発想=Free"で、ビジネスを創造します。ツガワのF-EDMSにご期待下さい!

4月

平成29年度 入社式

3月16日、平成29年度ツガワグループの入社式が北上さくらホールにて行われました。
よりフレッシュなツガワを満喫しにお越し下さい。お待ちしております。

プレスブレーキ用レーザー式安全装置の設置

指の挟み込みから作業者を守る為、プレスブレーキに新式安全装置を設置しました。
この装置の特徴は、レーザーを4つのポイントで受光し、防護ゾーンをつくるところにあります。
通常モード(受光4か所)と箱曲モード(受光2か所)の切替が可能で、作業性を落とすことなく安全が保てるというものです。
安全性と生産性の両立を目指し、日々取り組んでおります。



F-EDMS ④Fabless 第5センター組立工場

第4センター(2月情報カードにて紹介)の大物溶接工場稼働に伴い、隣接の倉庫を第5センター(組立工場)として活用致します。
今後大型製品生産への一貫体制化を図り、物流面も含めたニーズにお応え致します。
当社の基盤技術である、開発設計・精密板金・環境塗装・変動生産+物流に更なる技術として、大型製品生産の需要に応えて参ります。

3月

ツガワ独自のプロモーション活動

ツガワは、2011年3月11日を起点として独自のプロモーション活動を推進しております。どうぞご活用下さい。

  <ツガワのプロモーション活動>
    ・Private Show
    ・技術セミナー
    ・Private Video
    ・モノづくりネットワーク懇話会

ツガワPrivateVideoのご案内

ツガワを取り巻くステークホルダー(お客様、パートナー企業様、社員、地元地域、学校関係etc)の皆様にもっともっと“ツガワ”を知って頂きたく、FacebookにPVを毎月発信しております。
ツガワの“今”をご覧下さい。また、各工場の情報掲示板には、社内情報はもとより地元地域情報が満載です。
ご来社の際は、是非ご覧頂ければと思います。

F-EDMS ③Fabless モノづくりネットワークの構築

ツガワは、お客様のファブレス化や国内生産シフトなどのモノづくりのあらゆるニーズにお応えする為、関東地域にてパートナー企業様と連携してのF-EDMSビジネスを展開しております。
また、グループの物流会社(岩手中央運輸)との連携により、ロジスティクスサービス面からのサポートを充実させることで、今後は西日本への展開を図って参ります。
  

2月

鋼材市況:原料炭1~3月積み価格決着(7~9月比3.1倍)

高炉からの値上げ要求必至(本年4月までに 年度初比+25円/Kg)
  ① 1月に入り原料炭高騰は小休止。
    但し、原材料価格は高騰維持
  ② 高炉での鋼板受注/出荷量制限
       開始・・・20~40%カット
        (管理購買材、優先出荷)

<ツガワの鋼材調達対応>
    ・管理購買の推進強化
    ・高炉値上げ要求の牽制
    ・安定調達の実施

国の選択無形民俗文化財 サイトギ

サイトギは二戸市似鳥地区にある「似鳥八幡神社」の春の例大祭で、毎年旧暦の正月1月6日(今年は2月2日)の夜に行われます。
その年の農作物の作柄を占うとともに五穀豊穣と無病息災を祈願するものです。
起源を示す文献はありませんが、400~500年以上の歴史があると伝えられています。
平成22年3月31日に国の選択無形民俗文化財に指定されました。毎年、一般からの参加者を募集しております。
来年は是非!!

F-EDMS ②Fabless 第4センター溶接工場

近年、組立精度を要する大物溶接品の国内需要が高まってきております。
弊社においてもお客様のご要望に応えるべく、大物溶接品の生産体制増強を推進しております。
その一環として倉庫兼組立工場として活用しておりました第4センター(通称:吉田倉庫)の一角に溶接ラインを設置、昨年(H28年)6月より稼働させております。
今年(H29年)大物溶接品の更なる受注拡大に向け、第4センターを『本格的な溶接工場』として稼働を目指します。

<第4センター溶接工場化のメリット>
  ①弊社花巻工場(組立・塗装)に隣接
  ②板金製造から装置化への転換
  ③一貫生産体制の強化

是非、第4センター溶接工場をご活用ください!!
  

1月

「ベンダー曲げ」作業改善事例パート2

ベンダー曲げの『段曲げ加工』の際は、専用金型が必要になります。
調査したところ、通常、同じ段曲げ寸法で長さが違う金型が5型ほどあることが判明。
そこで、5型→1型に集約することで保管場所の整理、探す無駄の改善を図りました。
これを機に、その他の段曲げ型についても同様の改善を進め、大きな成果に繋げております。
今後もツガワは、小さな改善の積み重ねに力を入れて参ります。

今年のツガワは『進』に徹して参ります!!

あけましておめでとうございます。今年ツガワは、『中長期6カ年経営計画』を高いレベルで達成させるべく、力強く“5つの経営改革”を推し進めて参ります。
その為のキーワードは、“F-EDMS”6つのFの一つである「Forward」=「進」。
常に時代を先取りし、進歩的な発想と先進的な技術をもってお客様のご期待に応えて参ります。
前進あるのみ!今年も宜しくお願い致します。

F-EDMS ①Fabless 東工場稼働

ツガワは、拡大するモノづくり市場のニーズに応えるべく遊休工場の活用(賃貸契約)により組立フロアを確保しております。
その先駆けとなる東工場(某メーカーの遊休工場)は、H27年9月より稼働を開始しております。
今年は、全国4~5カ所で新たに稼働予定。
ツガワは、今後とも眠れる遊休資産に着目し、市場やお客様の御要望に柔軟に対応して参ります。
  

このページの先頭へ